こころん

旧 りんごの小部屋

とうとう倒れた

先日職場で高熱を発して倒れ救急車に乗りました。

思えば10数年前、やはり職場で倒れてそこから6年以上仕事ができなくなった「あの時」と状況が同じで、戦慄しています。

主症状は発熱とアトピー、酷い疲労感。

前回の長期横臥で学んだことをまとめるとこうです。

  1. 身体に異常はない 。CRP値にも異常がなく炎症による発熱ではない。
  2. 「過労」「ストレス」としか言いようがなく病名が付けられない。病名が付かないと処方できないし諸々の公的助成も利用できないのでうつ病とか自律神経失調症とかテキトウな病名になる。
  3. 解熱剤や抗アレルギー剤、抗うつ剤は効かない。メジャーなど論外。しいて言えば抗てんかん薬を気分安定剤として使用するデパケンRランドセンが奏功。
  4. 対処は「ゆっくり休む」しかない。
  5. ぐったりしてるだけなので周囲にはサボっているようにしか見えない。
  6. 「ゆっくり休め」といわれても休み方が分からない。 せっかくの余暇だからと仕事関係の普段できない勉強をする等して復帰を焦ってもがいてしまううちに、休むべき時間を無駄に過ごしてしまう。
  7. 「焦り」こそが最大の難敵。焦らずに自然に力が湧いてくるのを待つしかない。
  8. 究極的には「環境問題」で、病んだ原因となった環境を変えられるか、その環境から逃げられるか、変えたり逃げたりできないのならば同じ環境に耐えうる自分に変化するか、にかかっている。通院・転校転職・引越etc全てはその「時間稼ぎ」である。

寝込んだ翌日にネットで仕事関係の判例を調べてて、ああいかん!と止めたところ。

もう四十路半ばで手に職ないし再就職など不可能なんだから、今度は前回のような長期横臥という失敗を繰り返すわけにはいかないです・・・。