読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころん

旧 りんごの小部屋

絶望社会

日刊ゲンダイ|欧米と逆行 公務員は適用外「残業代ゼロ」のマヤカシ

安倍政権ホワイトカラー・エグゼンプションを、「残業しても残業代が出ないので労働時間が減る」「生産性が上がる」「成果さえ上げればいいので自由な働き方が可能になる」などと、いいことずくめのように喧伝(けんでん)して導入しようとしている。それほど素晴らしい「労働制度」だと言い張るなら、まず「公務員」に適用すればいい。なのに、身内の公務員は適用外、残業代を払うというのだから、フザケるにも程がある。

ゲンダイ記事だから多少間引きして読むとしても。

そもそもこの「ホワイトカラー・エグゼンプション」、政府が横文字使うときは碌なことがない。

「残業代ゼロにしたら労働時間が減る」わけがない。

労働時間が長いのはこなしている業務量・業務品質に対して適正人員が割り振られていないから。

日本企業の発展は払うべきコストを払わないビジネスモデルの上に成り立っています。

それで残業代すら払わないでいいとなれば「ただサビ残が増えるだけ」なんて誰でもわかるのに・・・。

 

僕自身、毎日帰宅して1時間以内に寝ないと身体が持ちません。

余暇などなくただただ奴隷のように働く毎日です。

多少残業代をもらっても、正直お金よりも時間がほしい。

余暇がなければ他者を気遣う気持ちや、恋愛して家庭を築こうとする気力も湧きません。

寸暇を惜しんで明日働くための体力を溜めるだけの人生・・・。

 

首都圏の鉄道路線で人身事故が減らないわけだよ。