読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころん

旧 りんごの小部屋

終末期の心理

日記

終末期の人間の心理として有名な

精神科医エリザベス・キューブラ・ロス博士が提唱した

死を受容するまでの5段階はこんなやつです。

1.第一段階/否認

死期が近いことを受け容れられずに「私が病気のはずはない」「診断が間違って いる」といって現実を否認する。

2.第二段階/怒り

「どうして私が死ななくちゃならないんだ」という怒り。怒りを鎮める方法は、「怒りを表に出すこと」。

3.第三段階/取り引き

何かにすがろうとする。「~するからどうか命をながらえさせてください」と思う。

4.第四段階/抑鬱

否認・怒り・取り引きの全てが無駄と知り鬱状態になる。

5.第五段階/受容

悟り的なものでもな く感情がほとんど欠落して何も感じなくなっていく。「生きよう」と抵抗せず「安らかに死にたい」と思う。

 

そして患者は最後まで

何らかの形で希望を持ち続けるそうです。

新薬とか神様による奇跡とか。

 

僕ならきっと泣き続ける。

死にたくない死にたくないと。

神も仏も信じてない僕は

死んだら全て終わりだと思っている。

神仏に頼って目を塞いだ方がよっぽど楽だろう。

「あの世で幸せに暮らすんだよ」と。

 

でも僕は目を塞がない。

死んだら全て終わりなのだ。

死後の世界なんてない。

世界を認識することができないのだから。

自分が「生きていた」という認識さえもなくなる。

朝起きるから「夜寝ていた」自分を知るわけで、

もし朝起きなかったら・・・。

それまで何十年生きていようが死んだら「ゼロ」だ。

そして「僕」から見た世界は消滅する一方で

現実の世界は僕の死後も普段通りに続いていく。

その事実が怖くて仕方がないんだ。

きっと子供のように怯えまくるだろう。

「受容」の段階なんて来ないだろう。

 

でも願わくば少しでも安らかでいたい。

今から覚悟を始めれば間に合うのだろうか。