読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころん

旧 りんごの小部屋

エゴグラムによる処方箋

日記
ネットで見つけたエゴグラムやってみました。
結果は予想通りです。
厳しく頑固で独断的な一方、
我慢し過ぎで自責の念が強い。

そしてその性格を変えるヒントが下記のとおり。

言葉の処方箋
 あなたの気持ちはよくわかります
 大変でしたね
 ご苦労様
 それがあなたのいいところだね
 よくできました
 いいご趣味ですね
 頑張りましたね
 おはよう!  おいしい!  かわいい!
 わあ、すごい!
 それは面白い
 やってみよう
 愉快な人だね
 さあ、楽しもう
 仲間にいれて!
行動
 家族や友人に些細なものでいいからプレゼントする
 相手の気持ちになって考える
 人の長所をみつけ、褒める
 ボランティア活動に参加してみる
 相手の腹立たしい言動に反応しない
 にっこりと微笑む
 !のついたセリフを多く使う
 冗談を言ってみる
 とにかく笑う
 芸術・娯楽を楽しむ
 短い空想を楽しむ
 何か夢中になれる趣味を始める
 幼児と遊ぶ

確かに自分と対極的な言動ですね。
恥を忍んで正直に言えば
『僕は基本的に他人に興味がない』。
人のことなどどうでもいいんです。
実に、傲慢で独りよがりな人間だと思います。
自分に厳しいけれど、同じように人に厳しい。
中年に差し掛かったいま、
こうした『人間』としての欠陥が
様々な場面で露呈してきた気がします。

仕事では「正解」が求められるけれど、
人生で求められるのは「納得解」だと言われます。
「正しいことより共感できること」が重要だと。

僕は昔から「より正しくより精緻に」をモットーにしてきました。
仕事でも常に正しく精緻なことを要求されています。
誤った処理をしたら大変な目に遭います。

でも「正しい」だけでは人の心を動かすことができない。
「分かっちゃいるけど止められない」のが人間だろう?
そういう人間を僕は心の中で「クズ」だと馬鹿にしてきた。

だから僕はいろいろな人を傷つけてきました。
取りかえしが付かないほどに・・・。
本当にごめんなさい。
許されることはないと思うけれども。


『僕は基本的に他人に興味がない』

そういう自分を変えようと人に関わろうとすると
僕は「指導」しようとしてしまうのです。

それじゃダメなんだよ!!

ダメなんだよ・・・