こころん

旧 りんごの小部屋

ピンハネもうたくさん

毎日朝から晩まで懸命に働いているけれど、
なお楽にならないわが暮らし。
税金や社会保険料、公共料金の負担はすごいのに
財政危機だとか震災復興財源はないとか
年金は貰えそうにないとか…。

なんかおかしくないか?
難しい経済学とかデータとか知らないけれど
「なんかおかしくないか?」と感じる。

もし僕らが収めた税金等がほとんど「丸ごと」
公務員や天下りの給料に消えていたとしたら。
理由はないですがそう考えると合点がいきます。
だから政策に使う金がない。
だから年老いた国民に配る金などない。
だから放射能汚染地域から国民を逃がす金もない。

世界に冠たる債権大国といったって
米国債は引き出すことも売ることもできない。
つまり貸した金は帰ってこない。
それどころかODAだスワップ協定だと
何ら見返りのない金が元にも増して
ドンドン世界に流出していきます。
仮に貸した金を返してもらえるとしても
ひどい円高のせいで戻る金は元本割れ。
なのに日銀は「現状維持」方針。

僕らは以下のような人達から
壮大なピンハネを受けています。
不労所得を得る公務員や天下り
『おいしい』立場にいる国内の中韓朝勢力、
法人減税をツケを消費増税で押し付ける大企業、
ATM-Japanから金を引出す諸外国、軍産複合体…。

もう限界です。

今後東日本を中心に癌や心疾患が増えるでしょう。
チェルノブイリ超えの放射能汚染を受けていて
当時のソ連よりずっと劣る放射能対策をしていれば
その後ウクライナを中心として発生した健康被害
上回る健康被害は必ず起きるでしょう。
端的に言えば早死にするんです。
しかも苦しんで。
しかも世代を超えて。

そんな中で僕らはなおもピンハネを受け続ける。

悔しい。
あまりに悔しい。

広がったセシウム137 当初から言われてたけれど、 こういうのなんで政府は発表しないんだろうね。 海外メディアに頼る国民なんて 中国のこと笑えないや。