読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころん

旧 りんごの小部屋

東京電力の鬼賠償スキーム

110921f.pdf (application/pdf オブジェクト)

風評被害に関わる営業損害の賠償額の計算は
ごく大雑把に言えば去年の貢献利益×掛け目。

貢献利益とは売上-変動費ということで
ごくごく大雑把に言えば粗利です。

でもこの算出方法は損益だけ反映され
「運転資金収支(資金繰り)の視点は皆無です。

販売先被災で回収不能になった売掛金はどうする?
放射能に汚染されて売れなくなった在庫の山は?
(追加費用に商品廃棄費用という項目があるけど)
待ったなしで決済した支手や銀行返済で開いた穴は?
(反復融資やジャンプができればいいけど)

実際の資金負担は貢献利益よりも遥かに大きい。
教科書的には減収は運転資金余剰原因だけど
実際は受取債権や在庫を資金化できないので
そうならないんですよ。

これは鬼だなーと思いました。