読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころん

旧 りんごの小部屋

寄生するもの

日記
世の中には二種類の人間がいます。
価値を生み出すものとそれに寄生するもの。
多くの政治家は寄生者の代表です。
寄生者は宿主がいなければ存在できないにもかかわらず
なぜか宿主に対して強い立場にあります。
彼らにできることは価値の再配分とピンはねだけ。
特に「再配分」の権限こそ権力の源泉といえましょう。

東電経営陣に代表される経営上層部の多くも
この再配分の権力で一般労働者に君臨しています。
一般労働者の働きがなければ自らも存続できないにもかかわらず。

今回、政治家や東電首脳、原子力なんたら委員会や何たら院の連中は
結局進行する事態になすすべなく推移を見守るだけ。
放射線の危険に関する情報開示もない。
問題解決能力を持つ海外の申出も断る。
責任の擦り合いに終始する始末・・・。

一方現場の警察や消防、自衛隊原発関連下請作業者、
一般の被災者は絶望的に厳しい状況で踏みとどまって頑張っている。

まさしく寄生するだけの連中は
有事にまったく役に立たないことが露呈されました。
彼らにできるのは「再配分とピンはね」だけだから。
過酷な労働に耐えたり、血税を払うのが本当にばかばかしいです。

会社にもいるよなぁ。
部下に寄生してるくせに偉そうな上司。