読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころん

旧 りんごの小部屋

非常時

日記
仕事のほうは「非常時」態勢になりました。
たとえ電車が止まろうと這ってでも出勤せよというお達し。
36協定もさりげなく改定されて時間外枠が増えました。
普段労働者の権利が守られてて、非常時だから少し制限するというのは分かるけど
普段から全力で働かされてサビ早サビ残当たり前なのに「さらに無理せよ」というのは釈然としないものがあります。
ただでさえ年度末で「非常時」だというのに。
正直どこまで体が持つか分かりません。
でも復興のため今頑張らなくていつ頑張るのだとも思うし。

毎日めまぐるしく変わる放射能汚染のニュースに神経衰弱気味です。
現場で被曝しながら頑張ってる方々に比べたら何甘ったれてるんだと言われそうですが。
一番神経衰弱させてる要因はこれらの政府答弁。
「直ちに健康被害はない」
「基準値を超えてるが余裕を設けた基準値なので問題ない」
《直ちに》って何だ?じゃあ何ヶ月、何年後に健康被害が生じると言っているのか?
基準値を超えると改訂される基準値とか何の意味があるのか?
「何か重大なことを隠してる」と疑心暗鬼にならざるを得ないのです。
「買い占めをやめろ」と言うなら政府はこういう疑心暗鬼を解消してほしい。