こころん

旧 りんごの小部屋

実写版ヤマトは見に行きたいと思います

アニメの復活編はあまりの酷さに見る気もおきませんでしたが
実写版は全く別物として楽しめそうです。

ヤマトは好きとか嫌いとか飛び超えて
僕のDNAに刻まれてる作品です。

「さらば」以降「完結編」まで劇場で見ることができたのは
本当に幸運な世代だったと思ってます。

ときに、ヤマトのどの作品が一番かというのは
いつもファンの間で揉めます(笑)

パート1しか認めない派
さらば最高派
暗黒萌え派
ガルマン帝国万歳派
完結編の画質は異常派・・・

物語としてはパート1が一番「ヤマト」らしいです。
子供アニメなのに勧善懲悪じゃなくて、
敵側にも事情がありドラマがあるのがヤマトの真髄。
ところが「さらば」では完璧な勧善懲悪。
ガトランティスはただの殺戮者です。
これじゃ他のアニメと同じじゃないですか。

・・・ですが「さらば」は映画としての出来がネ申でしたよ。
実は僕は「さらば」で転んだ口なんです。

地球を救った英雄なのに反逆者の汚名を帯びて発進するヤマト。
闘将土方の名指揮。
デスラーとの死闘。
一艦で地球を背にするヤマトの雄姿。
都市帝国が出現したときの絶望感。
いろんな仕掛け(今風に言えばフラグ)が最高にハマってました。

一方、暗黒星団帝国編は正直グダグダに感じました。
サーシャを殺す必要は全くなかった、
むしろ水晶都市への波動砲攻撃と同時に救出作戦を展開すれば
もっとスリリングな展開になったのに。
それに波動エネルギーに弱いからってあの「誘爆」は酷い( ̄Д ̄;;

パート3は打ち切りだけあって消化不足です。
星間戦争に巻き込まれていくという新鮮なコンセプトを活かし切れなかった。

完結編は映像は素晴らしすぎるけど、やはり沖田の復活劇は無いよね。
「何もかも皆懐かしい」で流した涙を返せって感じ。
島の最期で「雪が好きだった」発言も無粋。

と、いいつつ結局は「ヤマト」全部が好きなんです(*´∇`*)
それこそ「大いなる愛」で見守ってますから。

実写版は半分怖いもの見たさではありますが、
CM見た限りでは復活編より映像は良いのではと思ってます。
最初から期待してないので「案外良かった」かもしれませんしね。