読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころん

旧 りんごの小部屋

病んだもん勝ちだよな

タイトルはつい最近、
今の職場でメンタル長欠が出た時の同僚の台詞。

今の現場、人員削減と病欠で明らかに人が足りません。
なので毎日戦場のような忙しさです。
みんな顔は疲れきっておりいつ倒れてもおかしくない感じ。

その中でメンタル長欠で戦線を離脱できるなんて羨ましい。
本当は誰もが似たような土俵際で踏ん張っているのです。
だからタイトルの台詞は実によく分かる。

一方、病んで長欠した経験を持つ身としては
逆の立場もよく分かります。

誰も好きで休むわけじゃない。
おそらく彼は誰よりも責任感があり
同僚に申し訳なく思い自分を責めつつ
これから長い社会復帰への戦いを始めます。
この厳しいご時勢、
一度土俵を割ってしまうと復帰は極めて困難。
それを百も承知しながらも身体が拒否したのでしょう。

朝の列車は誰も彼も死にそうな顔です。
ほぼ毎日どこかで飛び込み自殺があり電車が止まる。
僕は海外に行ったことはないけれど、
こんな異常な風景日本だけじゃないのかと感じます。

人生一度しかないのにね。