こころん

旧 りんごの小部屋

8月15日

今年は日曜日でゆっくり慰霊できてよかった。

昔、両親に戦争中の体験談を聞こうとしたことがあります
でも「あまり覚えてない」「辛かった」と語るのみで
詳しい話は聞けませんでした
本当に辛い思いをした人の口は重いものですね

戦争で死んだ人たちが願うのは多分生き残った家族の幸せ
故郷が二度と戦争の惨禍に巻き込まれないこと

それは「不戦の誓い」という情緒的なことでは実現できない
日本が戦後主戦場にならなかったのはアメリカとの軍事同盟と
その巨大な経済力で世界のサイフとして「日本を潰さないメリット」があったから

強くなければ平和はない
弱くなればたちまち外部から食い込まれていきます

平和でありたければ、容易に相手に開戦させない程度の軍事力は必要だし
経済面や技術面など日本の存続が世界にとってメリットであり続けることが必要なんです

そのためにもいい仕事がしたいよ

でも働く僕らに対する搾取とデスマーチは続いていく
僕らは目先の生活で精一杯で

その苦労が無駄にならず、いい方向に集約されるような政治を望みたい
中韓への侘び金や政治家の不当利得に消えないようなね・・・