読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころん

旧 りんごの小部屋

たぶんダメだと思うよ

asahi.com(朝日新聞社):プロミスが中国本土に参入 中間層照準、金利最高50% - ビジネス・経済
「無担保無保証でお金を貸すノウハウ」が通用するかどうか注目される。
利息制限法の規制を逃れるための
安易な中国進出としか言いようがない。
「無担保無保証でお金を貸すノウハウ」
なんてものはありません。
貸し出し1口1口を回収する積み重ねがなくて
小口分散化してリスクヘッジとか証券化というのが幻想なのは
先の欧米の金融危機を見れば分かるとおり。

「目玉売ってでも返せ」
「公務員のお父さんにご迷惑がかかりますよ」
「形式的なものですから保証人のご印鑑を」
「法的手続きを進めさせていただきますよ」
どれも大した「ノウハウ」じゃない。
決してノウハウがあるわけじゃないんです。
日本における債権の健全性は
「借りたものは返す」という
日本人の真面目な気質に基づくものですよ。
借金苦で自殺するくらいの真面目さにね。

中国でそれが通用するかな。