読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころん

旧 りんごの小部屋

時効廃止はいいのか

民主党のやる事だから全部間違いと思っちゃうけど、
殺人罪等の時効廃止は刑罰法規不遡及に抵触しません。

不遡及の趣旨は「こういうことするとこういう刑罰をくらうよ」
と予告することで、国民の行動の自由を国家が保障するため。

そこでやっちゃいかんと予告されてて「ヤッちゃった」以上、
「時効○年なら逃げ切れるぞ」という逃げ切り期間の期待を
裏切っても、国民の行動の自由を奪うことにはならないです。

ただ「○○殺人事件捜査本部」の看板は建前上ずっと取り外せなくなる?

捜査も行政コストを伴います。
被害者感情を考えたら捜査は続けたいけど、毎日膨大な事件が起きて
限られた人員とコストで現場はそれを捜査しなければならないとすれば
「時効成立」は万やむをえない捜査終了事由として必要だったかもしれません。

ある個人には一生に一度の問題が全体としては数多に起きている・・・
だからといってその個人の尊厳が踏みにじられていいはずはないし、
とはいえその一方で警察・検察のやれることにも限界があります。

時効成立ということで「恨みっこなし」でこのジレンマに幕引きする以外に
どうやって行政コストの増大と現実的な折り合いを付けていくんだろう。

難しい運用が求められそうです。