こころん

旧 りんごの小部屋

今読んでる本

Amazon.co.jp: 不思議な数eの物語: E.マオール, 伊理 由美: 本

自然対数の底eに関する本。
僕は数学好きだったのに物理数学で挫折して理系を断念したクチですが、
丁度いい面白さです。

円周率πに関する本は沢山あるけれど、自然対数eに関する本は案外少なく
多分この本が一番読み応えあると思います。

eのみならず周辺知識の整理にも役立つし、
適度な数式の量で挫折することもなさそうです。

eについては学生時代は「とにかく便利で色々使える」と
テクニック的・天下り式に覚えたので「そもそも『eってなんだろう』」と
頭の隅でずっと気になっていました。

100%複利計算の1年後元利金合計の極限値
e=2+1/2!+1/3!+1/4!+…
y=1/x でxが1からeまでの下の部分の面積が1
r=eのθ乗は対数螺旋を描く
exp(x)は何回微分しても積分しても変わらない
exp(iπ)=-1

こんなに便利なのだからeには自然の摂理が隠れている、
だからこそ「自然」対数の底なんだと漠然と思ってました。

そんな好奇心を満たすに丁度いいこの本、楽しみです。

毎日忙しくて買って半年になろうというのにまだ半分も読めてません。
正月休みに読もうと思ってますが・・・。