こころん

旧 りんごの小部屋

もうすぐ年末

仕事で疲れきっててアニメ録画消化もままなりません。
もう取引先は次第に休みモードになろうとしてるのにこれからノルマを詰められても・・・。
宮仕えの宿命だなぁ。

ときに、鳩山が会見してたなんて知りませんでした。
社説:首相の元秘書起訴 説得力欠いた鳩山会見 - 毎日jp(毎日新聞)

なんか億単位の脱税しても立件されず修正申告で済むそうですね。
民間人では聞いたことない話ですがさすがは最高権力者。
日本の法律も所詮強きを助け弱きをくじく手段でしかないのね。
社会では法律の役割の大半は『契約ではこうなってますよ』と
後出しジャンケンで「知らない者をはめる」こと。
憲法で謳われる「人権」は『人権屋』の恫喝の材料。
学生時代は結構法律勉強したけれど、学者のくだらん自慰行為だったなぁ。
さて、確定申告で民間人が同じことを言ったら理解してくれるのかしら。
「バレずにやったら10憶円無税で贈与できる」という前例ができたね。
税制体系を色々見直してるようだけど肝心の納税意識がメタメタになったら元も子もないのに。

結局は「秘書が」を繰り返すのも呆れるね。
秘書の責任は政治家の責任と至極当たり前の主張で人気を博したのに。
この人の発言は信頼できないと改めて再確認させられただけの話。

余談ですが上の記事書いてた同じ毎日新聞
麻生前首相:十津川を「中津川」と言い間違え…対話集会
こんな下らない記事書いてんじゃないよ。馬鹿じゃないの?
こんなんで高い給料もらえるんだもん、そりゃ収支厳しくなるわな。

時事ドットコム:首相への不信決定的に=普天間移設、発言捏造に不快感−米政権 
オバマ政権が首相個人への不信を強めたのは、11月の東京での首脳会談で飛び出した「トラスト・ミー(わたしを信じて)」発言がきっかけだ。
アメリカの不信感はよくわかります。
話がぜんぜん噛み合ってないんだもの。
営業日誌に「思いをいただいた」なんて意味不明のコメント書いたら上司に怒られるだろうなぁ。
本当に「言葉」が軽い人だよ。
国民の多くはその「言葉」を信じて投票したのに。

まぁ政治家のレベル≒国民のレベルだから我に翻って他山の石にしなくてはいけないな。

あと4年もこんな連中が権力の中枢にいるのか。
こちとら日々の生活で青息吐息だけど「主権者」として政治家の動向には目を光らせていなくては。
はー、しんどい。
今年の正月休みは短いし。
電車が空いてくるの見ると切なくなる・・・より座れて寝られるからラッキー、って虚しいな。