こころん

旧 りんごの小部屋

この世でいちばん大事な「カネ」の話

マン管の勉強に久々に図書館に行きました。
薄いテキスト買ったつもりだけれど
それでもこんなの覚えられるんか?と少し引いてます。
んで、ちょっと勉強したら休憩〜♪と
書棚に手を伸ばしました。

読書は好きなので図書館は最高です。
そこでフと手に取ったのがこの本。

この世でいちばん大事な「カネ」の話

「貧困と暴力の連鎖」という
感じてはいても口にしづらいテーマに正面から切り込んだ名著。
本音ベースかつ実体験に裏打ちされた説得力が心に響きます。
実は僕自身「カネ」「カネ」「カネ」の世界で働いているので
「カネ」の有り難味と怖さをいつも経験しています。
カネさえあれば生きられたであろう人々を
何人も見てきました。

世の中はカネで解決できる99%のことと
いくらカネを積んでも解決できない1%のことでできています。

その後者だけを見て
  「心はカネよりも大事」「カネの話など汚い」
などというキレイゴトを見ると反吐が出ます。

人は「衣食足りて礼節を知る」のですよ。
毎日重い身体を引きずって会社に行きますが、
働ける幸せを噛みしめねばなりませんね。

明日の朝にはそんな気分吹き飛んでますが。

一方、そんな労働者を徹底収奪するのが
今の資本社会。

おまけに自分自身に他でやっていける商品価値なし、
中途採用市場は脆弱、セーフティネットが破綻状態とくれば
「辛ければドロップアウトしてもいい」とはとても言えず、
病気になった者から使い捨てという
デスマーチをやっていくしかない現実・・・

これでもし僕が不意に10億円拾って
もう働かなくて良くなったら天国かといえば、
悪銭身につかずというか
過大な不当利得を得た人が不幸になっていくのは
枚挙に暇がないですから難しいところ。

適度に働いて適度にお金を得る生活が一番良いのです。

でもその塩梅を見つけるのは不可能に近い環境ですね。
せめて自分が会社を干されても働けるよう
日々勉強するしかないのかなと。

あと昨日は期日前投票してきました。
黙ってても民主大勝は見えてるので
単独2/3なんてことにならないように候補者をチョイス。

頭でっかちの民主党の皆さんにこそ
西原さんの本を読んでほしいところですよ( ̄Д ̄;;。