こころん

旧 りんごの小部屋

認定証書を受領しました

 本日、仕事の合間に法務局へ行って認定証書を受領してきました。

 実はこれまで認定証書の受領方法について分からなかったためネットで検索したところ、なかなか記事を見つけられませんでした。そこで後の合格者の為に認定証書受領の流れをちょっと書いておきます。あくまで「大阪法務局」の例であることをお断りしておきますね。

 認定考査に合格すると、法務局から認定証書の交付についての案内と印紙貼付台紙が同封された封書が届きます。ん?司法書士本試験に合格しても印紙なんか不要だったのに今回は印紙貼付?と思いました。実は認定を受けるに当たっては、認定証書の受領の有無にかかわらず、登録免許税5,000円を納める必要があるのです。僕のように司法書士未登録でも、この認定には登録免許税を払わねばなりません。

 案内には認定証書の受領方法が記載してあります。法務局での直接受領はもちろん、郵送で受領することも出来ます。いずれにしろ交付期間は2週間しかない(今年なら9/2~9/13)ので注意が必要です。
 台紙に氏名・住所・生年月日等の所定事項を記入し(なお受験地・受験番号・認定番号は既に印刷されています)、5000円の印紙を貼付します。
 窓口受領ならその台紙、身分証明書(運転免許証又は司法書士会員証等)、受領印を押すための印鑑(認印)を持参します。特にアポイントも不要で法務局のどの窓口へ行けば良いかは案内に書いてあります(大阪法務局なら総務課)。窓口での受領は5分位で終わってしまうアッサリしたものでした。
 郵便で受領する場合は上記の台紙、本人確認書類のコピー、A4が入る返信用封筒又はレターパックを簡易書留で郵送します。交付期間内の消印有効です。

 認定証書は本試験合格証書と同じ紙質のA4サイズ。これまたアッサリ「簡裁訴訟代理等関係業務を行うのに必要な能力を有すると認定したことを証する」と書いてあるだけです。近司連や大阪会の新人研修修了証書の方が派手なデザインですね。


 この認定証書は司法書士本試験を突破した者しか手に出来ません。そう思うと感慨深いです。これで僕の司法書士試験は終わりなんだなぁって。あ、そうそう。後日掲載される官報も記念に買っておかなくちゃ。

簡裁訴訟代理等能力認定考査 合格しました

 本日、認定考査の合格発表があり、無事合格することが出来ました。長い研修を支えてくれた関係者の方々、チューターや弁護士の先生方、共に研鑽した同期達、平日に掛かる研修のため休暇を許してくれた会社の同僚、そして試験勉強のため帰省できない間に実家の面倒を見てくれた兄弟等など、手助けしてくれた多くの人々にお礼を言いたいです。
 ちなみに認定率は79.7%と4割台の昨年と比べてほぼ倍増という易化ぶりでした。それでも現場で解いてて「簡単」という認識はなかったです。まず時間は余りませんでした。基本的な論点が細かく組み合わさっていて基礎をがっちり押さえてないと忽ち失点する、そんな感じだったのですが。。。

 

 これで司法書士試験の全てを卒業となります。本当に長かったし中盤人生を賭けた挑戦でした。平成の最後に手にしたこの資格で、これから令和の後半人生を戦っていくという局面を迎えます。正直もう遅いかもしれないけどね…。

 

 どうやら今の会社はリストラに舵を切ったようで僕も同僚も待遇が悪化していきます。人員も予算も削減され現場は壊れる寸前です。そんな悲惨な泥舟にも似た現場で専門知識を駆使し同僚を支えつつ、僕自身は第二の人生の準備をしっかり進めていこうと思います。

 

 退職する前にもう1つ取っておきたい資格が土地家屋調査士です。まだちょっと齧っただけですが、表示登記の知識があると不動産登記の理解が深まると思いました。もちろん仮に合格しても、この歳で、この身体で調査士の任に耐えられるとは思っていません。司法書士として開業した後、調査士さんに正しく案件をアシストできるよう、正確な表示登記の知識を担保したいが為の受験です。「あの司法書士、えぇ加減なこと言って!」と案件を引き継いだ調査士さんにご迷惑を掛けないように。
 ただ、「この歳で」なところなんですが、実は近老眼のために三角定規の目盛が読めません。遠近両用眼鏡でも目盛が読めないようなら受験は諦めて勉強だけすることにします(苦笑)。

 

 

 本当にお疲れさまでした。

 

 ありがとう。

昨日は司法書士の日でした

 8月3日は「司法書士の日」だそうです。去年まで知りませんでした。日司連のサイトに由来が書いてあったので以下引用します。

<なぜ?8月3日>  明治5年(1872年)8月3日、日本初の裁判所構成法ともいうべき「司法職務定制」が定められました。この法律では「証書人・代書人・代言人」が法制度を支える3つの基本的な職能として定められました。特に代書人・代言人は裁判の円滑な行使に不可欠な存在として位置付けられ、証書人は現在の公証人、代書人は現在の司法書士、代言人は現在の弁護士となりました。  すなわち、日本が新たな法制度を導入した記念すべきこの日、同時に司法書士制度が始まったわけです。 <https://www.shiho-shoshi.or.jp/other/topics/info_list/5669/>

 同じ不動産登記業界の仲間である「土地家屋調査士」の日が7月31日で近接した日なのがまた良いですね。

 

 平成30年度司法書士試験最終合格しました - こころんでも書いたとおり、僕は今金融機関に勤めており、第二の人生の職業として「司法書士」へいつ歩み出すのかという岐路に立っています。ノルマ漬けで慇懃無礼な銀行員を辞めて人の役に立てる「司法書士」になりたくて、十数年も頑張ってきたんです。
 同期や先輩の話から試験の難易度に全く釣り合わない司法書士の待遇は知っています。「人の役に」というけど司法書士に出来ることは出来上がった権利関係の公示が主で、紛争解決の大部分は非弁活動で禁じられていたりします。
 でもサラリーマンが働きながら目指せた最善の資格・職業だと思うし、対立当事者の一方につくのではなく、関係当事者間の調整的な役割ならばむしろ長年組織で働いたサラリーマンの得意分野かもしれない。

 

 とはいえ25年も毎月決まった給料を貰えるぬるま湯人生を送ってきて、いきなり未経験の自由業をやっていける自信など正直ありません。昨今メガや地銀を初め各行で大リストラ中ですが銀行内の人材は既に払底していて僕もその1人です。偉そうな銀行員が脱サラで失敗する例、迎えていただいた出向先で顰蹙を買い銀行本体や関係会社へ出戻る例は枚挙に暇がないです。
 司法書士あるいは補助者として長い経験をもつベテランでさえ未経験の登記や業務があるほど奥深いのに、五十歳代からこの業界に入るなど司法書士業を舐めているとお叱りを受けそうです。

 そう思うと足が竦んでしまいます。ちょうど親の介護でかなりお金が掛かるようになってきたので毎月決まった給料の魅力が大きく映ります。

 

  とりあえず今はせっかく取った資格がさび付かないように勉強を続けたいと思います。将来、満を持して司法書士として開業できるように。まずは改正民法をしっかりと。破産法等のように試験科目でない法律も勉強してみたい。そしていずれ会社が副業を解禁するようになったら司法書士事務所で修行をしてみたいです。

 

 それから土地家屋調査士試験、悩んだ挙句、2020年目標で目指すことにしました。
 会社の給料があるうちに必要な専門書を買ったり予備校を利用したインプットをしたりして、開業までの時間を有効活用するつもりです。
 調査士試験のテキストを早速少し齧ってみたところ不動産登記の予備知識があるので勉強は楽しいです。表題部を見る目が変わって行くのを感じます。また今年の司法書士本試験記述式で出題されたようですが「区分建物の苦手意識」を克服できるかもしれないです。ただ僕にとってこの試験最大のネックは中高年特有の視力低下で図面を描くのに大変苦労するということです。三角定規の細かい目盛りが読めないんです。確かに勉強は楽しいけど、この試験に挫折することになるとしたら視力の問題が大きいでしょうね汗。

 

 いろいろ、頑張ります。

 

  

測量士補試験合格しました

 自己採点で28問中26問正解で合格は分かっていました(18問以上正解で合格)が、7/9に合格発表があり本日「試験合格証書」が届きました。以前の合格証書は葉書タイプだったようですがA4サイズの紙が三つ折で封筒に入っていましたね。受験した時の感覚では例年より難しく合格率は下がると思ったのに、ふたを開けると35.8%で昨年(33.6%)を上回りました。

 測量士補の試験日が認定考査の2週間前で、これでも二足の草鞋の勉強は結構きつかったです。試験対策はアガルートの講座を受講し、中山先生著「1冊合格!測量士補試験」と過去問集を3回転、そしてネットの過去問対策サイトを活用しました。やりすぎかもしれないけどこれまで勉強してきた法律とは全く異なる理系っぽい分野の学習だったので全力で挑んだつもりです。3割超の合格率とはいえ一生懸命取り組んだので合格は嬉しかったです。

 測量士補を先行して取得したのは勿論、2020年度以降の土地家屋調査士試験の午後科目に集中するためです。でも司法書士試験を漸く突破し、再び大型の資格試験に挑む気力が残っているか、やり切れるのかまだ踏ん切りがついていないのが正直なところです。受験の動機は表示登記の知識が欲しいからです。不動産登記法の権利登記の部分だけじゃなく表示登記の部分も理解したいのです。一般の方は「登記の相談」と言っても権利の登記だろうが表示の登記だろうが区別していないでしょうから。それにもともと数学が好きなので、実は向いてるんじゃないかと思ったりする節もあります。

 司法書士試験ほどではないけど合格率8%程度の難関試験。「司法書士試験に受かったんだから民法・不登法のアドバンテージがあるしいけるでしょ」みたいな半端な気持ちでは絶対に受からないと思います。今、本当に挑めるのか自分に問いかけています。

本試験からもうすぐ1年

運命の平成30年度司法書士本試験からもうすぐ1年です。

直前期にどんな勉強をしていたか実はよく覚えていません。今年と同じように1/四決算期末で仕事は忙しく、本試験直前もいつもと同じ勉強時間しか確保できませんでした。択一の過去問をチェックするだけ、記述はLECのヤマ当て講座の雛形を見返すだけで精一杯、そんな直前期だったような気がします。

合格して僅か8ヶ月の間にいくつもの研修、同期との出会い、認定考査を経て今に至ります。この間、司法書士事務所に入りあるいは独立して司法書士として歩み出した同期が沢山います。人生が大きく変わっていくのを実感していることでしょう。

一方、僕は相変わらずの会社勤め。

依頼応諾義務や司法書士の独立性の観点から、会社員のまま司法書士として登録するのはやはり困難なようです。司法書士として生きて行くならば、いずれは会社を辞めねばなりません。ただ一方で昨今よく報じられるように中高年のリストラがかなり加速しています(特に金融業界では)。意図せず会社を辞めざるを得なくなる日もそう遠くないかもしれません。

勉強をしていたとき、本当に受かる日が来るとは正直思っていませんでした。だから合格したときはこれで「我が人生に悔いなし」と、合格証書を眺めながら余生を送って最後は棺桶に入れて貰いたいと思っていました。

合格後に初めて研修や同期との出会いの中で司法書士の資格・仕事について真剣に考えたのです。そして後半人生を賭けるに値する資格・仕事だと思いました。(ちょっと欲が出てきた感じです。)確かに登記業務は今後縮小していくだろうし、簡裁訴訟代理権もごく制限された使い勝手の悪いもので本当に依頼者のためになるのか疑問です。でも本業の登記・供託業務だって需要がなくなるほど完全に自動化されたわけじゃないし、超高齢化が進むなか学んだことできっと人の役に立てることもあると思います。合格して本当によかった。

 

各種研修・試験が終わった今、もう僕に勉強を強制する機会はありません。このまま「のほほん」と過ごしていたら合格前の一会社員生活と全く同じ。将来登録するときに「すっかり法律忘れちゃったよ」なんてならないように、引き続き勉強してゆきたいです。実務に出ている同期は日々の司法書士業務の中ですごい勢いで業務知識を習得しているから僕の机上学習なんかじゃとても追いついていけないけど、せっかく手にした剣が錆び付かないように頑張りたいです。本当は司法書士登録者だけが受講できる日司連や単位会の研修を(有料でもいいから)受講したいんだけどね。

勉強の習慣を活かしつつ登録・開業まで知識の肉付けとして表示登記の知識も欲しいなと思っていたので、実はこっそり来年以降向けに土地家屋調査士の勉強もしようと思っています。単なる自己満足の世界だけど民法・不登法総論の知識が鮮明なうちに。一応今年の測量士補の試験は受けていて自己採点では大丈夫だと思います。

 

ときに、中高年の転職者が一番警戒しなければならないのは健康と尊大な態度だと思っています。特に後者。

右も左も分からない世界で一から教えを請うのですから、新社会人と同じように謙虚に、前向きに学ぶべきでしょう。でも実際はそうでない人も大勢いるようです。現に今の会社の内外でも少なからず中高年者の尊大な態度には目に余るものがあり、人生経験が人格を陶冶することはないのかと年長者に対する敬意を失いつつあります。自分は絶対にそうならない。将来司法書士として生きて行きたいのなら「笑顔と謙虚さを失わないこと」を肝に銘じたいです。忙しくなるとどうしても不機嫌になってしまうけどね。会社の看板で仕事が出来た時代と異なり、自分の看板だけでやっていくのですからね。これも「のほほん」としていると自然と失われていくと思うので「意識」していきたいです。

 

数年越しの開業準備、今から始めます。

明日は認定考査

いよいよ明日は認定考査です。

特別研修終了後から例によってフルタイム勤務しながらコツコツ頑張ってきました。

司法書士本試験は10年以上掛けた長丁場でしたが、認定考査は勉強期間わずか3ヶ月程度の短期決戦。結果が出せるかは正直全く自信ありません。特別研修を乗り切るので青息吐息で、今回は考査受験資格が得られれば良いか・・・とも思いましたが、出来れば受かりたいです。試験モノはもう卒業したいし、次回は改正民法で受けないといけないからね(;´Д`)。

自分としてはやれることは限界までやったつもりです。GWの歴史的な10連休はどこにも遊びに行かず、普段も本試験直前と全く同じスケジュール(捻出できる時間はいつも同じ)で過去問をなんとか4周しました。

ですが全く手応えがないんです。過去問の4周目も同じ間違いを繰り返し・・・。論述式があまりにも書けないものだから、やはり1点差で合格した本試験もマルバツがまぐれで当たっただけなのかなぁと悲しくなります。

 

それでも特別研修から今日までの間に、郷里の老親に緊急事態が生じて今年の研修受講・考査受験を断念しなければならなくなるようなこともなく、明日を迎えられえる幸運に感謝したいと思います。(僕自身はアトピーが悪化してかなり厳しい状態が続いていますが。。。)

 

ともあれ明日が司法書士試験の最終仕上げ。

頑張ってきます。

新人研修もいよいよ終わります

12月から続いてきた新人研修も、明日をもっていよいよ修了です。

 

平日はフルタイム勤務、土日は研修で休みが殆どない状態が数ヶ月続いて本当にきつかった。正直、体調はかなり悪かったのによくもったなと思います。会社でも研修でも「こころさん顔が死んでる」って言われてました汗。

平日に実施された研修日程では入社以来初めてと言えるほどの日数を欠勤して同僚に迷惑を掛けました。要介護の実家の両親のケアも出来ませんでした。研修を修了するために陰から支えてくれた人々に感謝したいです。

 

研修で司法書士業務を学ぶ中で、そして業界に身を投じていく同期達に触発されながら「会社を辞めて司法書士としてやっていきたい」誘惑が日に日に大きくなっていきました。

それでも今は会社を辞めることは出来ません。経済的な理由もあります。人手不足とコンプライアンスの呪縛で壊れそうな現場で苦戦する同僚を専門知識で支えたい思いも大きいです。

中盤人生を賭けて取得した剣、今は不抜の剣だけど錆び付かないように研鑽しながら、来るべき登録の日に備えたいと思います。

 

次の目標は6月の認定考査です。

特別研修終わって過去問を10年分くらい解いてみましたが全然書けなくて愕然としています。フルタイム勤務しながらコツコツやってきた勉強スタイルの僕には、この短期決戦はそもそも無理で、特別研修を乗り切って受験資格を得ただけで良しとすべきなのかもしれません。でも頑張って足掻いてみたいと思います。民法は改正されるし、この勢いで取得しないと無理な気もするからね。

 

超多忙な年度末、年度初め、そして何が起こるかわからない長期連休に改元対応と、きつい仕事の日々が続くけれど、なんとか頑張ります。

新人研修始まりました

今日から近畿ブロックの研修が始まりました。

 

研修には日司連の中央研修(前半:eラーニング、後半:集合研修)とブロック研修(近畿ブロックは近司連による)と単位会研修(大阪なら大阪司法書士会による)、そして認定考査を受けるための特別研修(ブロック毎に実施)があります。

ブロック研修は(近司連以外は1週間程度なのに)近司連は13日間もありまして今日がその初日でした。13日間にも及ぶ研修は平日仕事のある身としては大変しんどいです。単位会研修まで含めると3月までほぼほぼ土日が休めないという(;´Д`)。開講に当たって諸先輩方のお話で「体調管理にはくれぐれも注意を」というお話が複数あったのが土日なし生活のしんどさを物語ってました。でも思えば研修スタッフも現役司法書士で平日仕事をしているのですから、受講生が先に音を上げるわけにはいきませんね。

テキストを見ると様々な業務の説明があり司法書士業務の間口の広さを感じました。登記や供託のような「独占業務」でなければ意味がないかというとそうでもなく、身近な法律実務家として様々な相談を受けるためには相当幅広い業務知識がいるのですね。

「相談」といえば今日の講義で出てきた相談業務の知識はまんま今の会社内でも当てはまる示唆に富んだ内容でした。会社でも実践していきたいと思います。。。心に余裕があればね(汗)。

 

ちなみにeラーニングは地区毎の視聴期間が決まっていて近畿地区はなんと忙しい年末年始。中央研修の事前課題締め切りも年始にあるからこれから結構バタバタしそうです。会社ではもう年末進行が始まっていて忙しくなってきたしね。

 

月月火水木金金で、明日からも頑張ります。

平成30年度司法書士試験最終合格しました

去る11/1に法務省HP及び各法務局掲示板にて最終合格の発表がありました。

 

いつものように月初で業務がバタバタする中、午後4時の発表から大分経って会社の外接可能PCで法務省HPにアクセスしました。

 

大阪ブロックのPDFで自分の番号を確認。標記してあった「平成30年度司法書士試験最終合格者受験番号」の「最終」の文字に本当に安堵しました。大阪ブロックの筆記試験合格者が54人で、最終合格者は55人。どうやら昨年度の筆記試験合格者で今年口述試験だけ受けた方が1人いらっしゃったみたいです。

 

その夜は仕事が終わった後、午後8時過ぎくらいにまた大阪法務局の掲示板を見に行きました。法務局の掲示板には受験番号だけでなく名前も書いてあるのです。これまでは番号だけでどうも実感が湧かなかったのですが、自分の名前を見てやっと実感が湧いてきました。

 

翌日、予ねて準備をしていた各種新人研修の申し込みを一通り終え、一路実家に帰省し老親に最終合格を報告しました。「司法書士とは何か」「司法試験とは違うこと」を軽い認知症傾向のある老親が理解していたのかいまいち自信がないけど喜んでくれました。

 

帰省している間、自宅には法務局から合格証書交付式の通知が届いていました。やっと念願の合格証書が手に入るのです。そしてこれまでどうすれば良いのか疑問だった本籍地補充の文書もそれに同封されており一安心。法務局から届いた自分宛の通知を見ると改めて「ああ、本当に合格したんだ」と胸が一杯になりました。遥か昔に第一志望の大学に受かったときよりも断然嬉しかったです。学生の本業(勉強)の先にある大学受験と違って、社会人の本業(仕事)とは全然別の困難に立ち向かってこれを突破したのですから。。。

 

僕は今金融機関に勤務しています。

我が社では副業は禁止だし、そもそも会社員が司法書士登録できるかについて法務省はかなり否定的なようです。

規制改革会議「全国規模の規制改革要望に対する各省庁からの再回答について(平成19年8月15日)」における法務省再回答(http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/accept/200706/0815/0815_1_09.xls

司法書士と会社員の兼業を認めた場合,当該司法書士は会社での勤務中は依頼に応ずることができず,司法書士業務で知り得た依頼人の情報が会社での業務に利用にされかねないなど,依頼に応ずる義務(司法書士法第21条),秘密保持の義務(同第24条)等の司法書士法上,司法書士に課せられている義務が遵守されなくなるおそれがあるなどの事情があるようなケースでは,司法書士と会社員の兼業を認めることが適切ではないものと考える。

でも今や世の中は副業解禁の流れにあるし、「社内弁護士(インハウスローヤー)」「社内会計士」なんてザラにいます。これだけ弁護士・司法書士が飽和状態で登記手続きも簡素化(【31.3.5追記】本店移転登記申請書が機械的に出力できるWebサイトの出現はこの流れを加速させるものと思いました。)されていく中で、司法書士の「依頼応諾義務」もその必要性が薄れていき、また「品位」だけでは飯を食っていけないのですから、良い仕事をするためにも経済的基盤を充実させ得る「社内司法書士」が検討の土台に乗る時が必ず来ると思います。

あるいはその前に、我が社が顧客サービスの一環として有資格者に(相続・後見・事業承継・機関設計等の)各種相談・問題解決業務をさせる意欲もなく、顧客から遠く離れた法務室で契約書チェックだけやらせるような感じなら、こちらから三行半を突きつける時が来るかもしれません。

その時に備えていつでも登録できるよう、今は実務の勉強を積み重ねてゆきたいです。「1年以内に登録する予定の有資格者」を前提としている司法書士会の単位会研修に参加するのもその為です。

 

これまで僕は、宅建行政書士マンション管理士管理業務主任者)・日商簿記1級など色々な資格を取って自分探しというか自分に自信をつけようとしてきました。

でもそれももう終わりにします。司法書士業務に関連し職域を広げる必要性を感じてというのならともかく、資格試験は残る「認定考査」を最後とし、業務に関する法令及び実務を勉強してゆくつもりです。中盤人生を賭けて手にした「司法書士となる資格」はそれに値する資格だと思っています。

 

研修が始まると平日は会社、土日は研修で休みが全くなくなる生活が3月まで続きます。当面は会社と研修を両立させることに全力投球していこうと思います。体力的にかなりしんどいと思いますが。。。

 

最後に改めて僕の長年の挑戦を支えてくれ、許してくれた全ての方々に篤く御礼申し上げます。

 

本当にありがとうございました。

これからもがんばります。

口述試験終わりました

本日、平成30年度司法書士試験口述試験が終わりました。

 

あー、緊張した!!!

 

全身がちがちに力んでいて後から筋肉痛になったくらい(汗)。

入室後指定された席に座ると、一列で組ができており、列ごとに番号を振られたくじを引いたところ9番目。

ということは前に8人いるわけで8人×15分で「あ~2時間後か~」と思ったのですが、案外早く(1時間半位かな)順番が回ってきました。

最初の不動産登記法は正直ボロボロでした。

質問内容は識別を提供できない場合や事前通知を省略できる場合、前住所通知の意義など。頭の中で事前通知と資格者代理人による本人確認がごっちゃになってしまいもうシドロモドロ・・・。

その代わり次の商業登記法はまずまずでした。

質問内容は清算人の選任方法や登記事項、就任承諾書の要否や定款添付の意味など。不登法のボロボロ具合を見て試験官が簡単な問題にしてくれたのかなぁ。

最後の司法書士法の質問事項は、お馴染みの代理できる業務、依頼応諾義務の理由、懲戒の種類、業務禁止の効果などでこちらも無難に切り抜けました。あれほど暗記した司法書士法1条,2条や職責の意義、書士会の目的、登録制の意義は全く出ずでした。

 

これで僕の司法書士試験はやっと終わりました。

感慨に浸る間もなく午後は職場に戻ったのですが(苦笑)。

 

本当に長かったです。

過去の苦しかった日々の記憶が押し寄せてきます。

がんばった。

がんばったよ。。。

 

 

 

さて、ちょっと現実に戻ると今日貰った資料には新人研修・特別研修の案内が入っていました。

兼業受験生で今も会社員の僕には研修日程が大きく前に立ちふさがります。平日がどれくらい研修で潰れるかということです。

土日が休めないのは体力的にかなり辛いけど、まぁ百歩譲ったとして、研修日程が平日にかかると会社を休まねばなりません。どうやら12~1月には5~6日程度が平日。そして問題の2月は特別研修でかなり平日が潰れそうなんです。さぁ、どうしたもんかなぁ。。。